インターンシップ、医療介護の仕事体験ができる転職サイト【ジョブダイブ・JOBDIVE】
スポンサーリンク

 

こんにちは、ふみーずステディです。

今回は転職に失敗しないための転職手段についてご紹介いたします。

転職に失敗しない転職方法で一番有効なのは、知人が働いている職場に転職することだと考えています。事前に信頼できる知人から情報を教えてもらい、職場や会社がどのような環境であるかを知った上で転職することが最善ではないでしょうか?

しかしながら実際は知人が勤務している職場に転職できるかはタイミングによりますし、自身がピンポイントでやりたいことができるかは少々疑問なところです。

昨今では、転職サイトを利用して情報収集をしたり、転職活動することが一般的になっていますが、転職サイトの求人情報は求人企業様が自社をアピールするためにメリットは大きく発信します。デメリットに関してはあまり発信したくないのが心情ですよね。

通常は、面接を介して互いにコミュニケーションを交わして、採用なのか不採用なのか決定されます。

しかし、面接だけだとどうしても入社を判断するための情報が不足し、ミスマッチが起こりやすくなってしまいます。なぜならば、自身が転職して働く環境は現場であり、面接室ではないからです。

では自分を輝かせられる、楽しく働ける仲間・会社に出会う確率を上げるためには、どうしたら良いのでしょうか?

その答えは、仕事・職場・会社を事前に職場体験することです。

 

1.  転職の不安・・・

私は転職を何度も何度も経験していますが、その都度頭の中でこのような声をつぶやいていました(笑)

 

・『面接だけでは実際に働く業務内容や一緒に働く仲間・職場の雰囲気がわからないからなあ』

・『新卒はインターンシップがあるから会社や職場を体験して入社を決められるけど、中途も体験入社できればいいんだけどなあ』

・『面接だけだと良い部分しか聞かないので入社してもこんなはずじゃなかったとガッカリしてしまうことが多いんだよなあ』

・『実際に働いている人に会社の事を聞いてみたいけど機会がないんだよなあ』

・『面接に行くたびに交通費が発生してしまうから中々転職活動がしずらいんだよなあ』

・『次の会社は先輩たちが懇切丁寧に教えてくれるだろうか』

・『今の会社に不満があるけど、はたして転職先では不満が解消されるのだろうか』

などなど・・

シゴト体験しないと、これらの声が解消できません。

 

2. 医療介護業界の人手不足感

私は訪問介護事業を基盤に医療介護業界に従事して十数年経過しました。当業界に飛び込んだときには、人手不足感を感じませんでしたが、特にここ数年で高齢者の生活を支える医療従事者や介護従事者、その関係者の人員不足を実感しています。

退職者はジワジワ出るけれども、、、いくら待っても後任が来ない、、、やっと新たに仲間入りした職員が、そもそも必要な人員がいない環境なので業務量多すぎ、、、みんなピリピリしてるし、雰囲気も最悪じゃん、、これじゃ体も精神ももちません・・そして退職(涙)

この悪循環はみんなが疲弊するし、非効率です。

 

3. ジョブダイブの概要

このような不安の声・疲弊感を解消するために産声を上げたのが、仕事体験型の転職サイト【ジョブダイブ・JOBDIVE】です。

他の会社はどのような人がいて、どのように働いているのだろうか、、、辛いことがあっても頑張れる環境なのだろうか、、、次は笑顔で働くことができるのだろうか、、、、こんな声が頭の中をよぎったら、、、

 

仕事内容や職場体験をして、自分が輝き、楽しく働くことができる環境であるか・・それを判断するために一度ジョブダイブをお試しください( ◠‿◠ )

 

転職先を検討する上で仕事体験できることが最大のメリットですが、体験時間(面接も込み)にも謝礼金が発生しますので、多忙でも一歩を踏み出す動機になりやすいのではないでしょうか。

一度体験したからといって、入社しなければならないわけではありませんのでご安心ください。複数の企業様の仕事体験をしてから、転職するか否かを決めればよいのです。他社の職場を体験して初めて今の職場の良いところや悪いところが発見できるはずです。

もしも、仕事体験によって自身が直感的に『この企業で自己実現したい!』と感じたならば、それが ”行動するタイミング” です。

 

4. ジョブダイブのコンセプト

ジョブダイブのコンセプトは、【職員の定着率の向上⇒採用活動コスト、育成労力の負担軽減⇒既存職員の待遇改善⇒働き手が流出せず流入してくる⇒医療介護業界(その他労働集約型業界)の質の担保、向上】です。

 

風が吹けば(体験すれば)桶屋が儲かる(業界の質が向上する)

 

転職する方が、末永く楽しく働ける場を選ぶには”仕事体験”を通じて環境に納得した上で”飛び込むこと”がスタート地点と考えます。

会社と求職者のマッチング精度を向上するためにシゴト体験をスタンダードに★

 

5. ジョブダイブ活用(アクション)の手順

詳しくはコチラ・・以下のリンクをクリックしてくださいね。

体験型転職サイト【ジョブダイブ・JOBDIVE】のリンクです。

①トップ画面の右上の【会員登録】をクリック。

②赤色の【必須】項目を入力。

③画面最下部の【登録する】をクリック。

④登録したメールアドレスに【アカウントの有効化について】というタイトルのメールが受信されるので、本文中にある【メールアドレスを認証する】をクリック。

⑤【会員ログイン】画面が出現すれば登録完了です。

ツイッターアカウントやフェイスブックアカウントをお持ちならどちらかでも簡単に登録できます。

 

《登録完了後は・・・》

⑥求人企業様の記事をクリックして、右側の【シゴト体験に応募】をクリックして、企業様の回答を待ちます。連絡後に、チャットにてコミュニケーション行い、体験日時の調整をします。

*シゴト体験○○円(○○時間)が体験のプログラムに要する時間と謝礼金になります。

⑦体験後に正式採用の有無の連絡が来ます。

 

補足

求人企業様ごとに、体験時間や費用(謝礼金)の設定、プログラムの内容を決定します。

日程の調整は応募者と企業様で直接サイト内で行います。

 

6. 最後に

最後に・・関東近郊の転職をご検討サれている方だけではなく、上京を検討している方にもご活用いただけるサイトです。

同地域、複数企業の仕事体験をしていただければ、大きな一歩を踏み出すためのキッカケになると考えています。

申し伝えるのを忘れてましたが、正式採用後は、ジョブダイブから入社祝い金5,000円贈呈いたしますのでお祝いしましょう!

 

今日はこれまで。

引き続きよろしくどーぞ!

スポンサーリンク
おすすめの記事